らんらんぶろぐ^ ^

大学で養護教諭免許取得後、ITベンチャー企業に新卒で入社、半年後東京に転勤、イギリスワーホリに当選したのですぐに仕事を辞め、もうすぐYMSでイギリスに行きます!新しいことだいすき、海外だいすき、日本もだいすき、好きなことやりたいことをやって生きていくと決めた24歳になりたてで気付けばもうすぐアラサー気持ちは永遠のハタチのぶろぐ

イギリスワーホリビザ(YMS)無事に取得しました!!

らんです( ´ ▽ ` )ノ

 

2017年1月にメールで応募し、無事当選し、

いつ飛ぼうかな〜、

仕事どうしようかな〜、

まだ東京にもいたいな〜、

結婚もしたいな〜、

将来大丈夫かな〜、

とかいろんな悩みもありましたが、

 

ついに!!ここまできました!!

 

思えばイギリスに行きたいと思いつき、

ワーホリだと抽選で1年に1000人しか行けないと知り、

とりあえず応募してみようと思いついた大学3年の冬、

 

普通に落選。

 

その次の年も落選。

 

やっぱ無理なのかな〜と思いながらも、

 

3年目の応募で初当選!!

 

会社のトイレで、当選メールを見たとき鳥肌立って、

 

え!?

 

うそ!?!?

 

やば!?!?

 

やった〜〜〜〜〜!!笑

 

って1人で小さな声で呟いてたの思い出した(完全に不審者笑)

 

でもそれからとりあえず、仕事辞めるのは即決したんだけど、

なかなか上司に言えなくて、

勇気を振り絞ってワーホリのこと伝えると、

案の定

 

上司『俺の周りでワーホリ行ったやつで成功してるやつはいない

   ワーホリの末路はフリーターとかニートだよ』

 

と、

 

上司『辞めるのだめって言ったらどうする?』

 

私『だめって言われても辞めます』

 

上司『わかった、まあお前に任せてる仕事もそんなにないから、いつでもいいよ2月末?3月末?』

 

私『2月末でお願いします』

 

 

みたいな会話になり、なんていうか、ショックももちろんあったし、

ワーホリって私の中では、挑戦だったから前向きな言葉を言って欲しかったのが正直なところ。

 

 

でも行くって決めてたし、誰に何を言われようと揺らぎはしないのだ、と思いつつも

やっぱ将来大丈夫かな〜とか思うこともあった。

 

でも今の世の中、大手の会社に勤めてても、将来倒産するかもしれないし、

何が起こるかわからないから、結局やりたいことやったもん勝ちでしょ!

 

 

あとは、当たり前に会社に勤めて働いて、

そのまま1番やりたいことではないことをやって一生を終えるなんてつまんない!笑

 

働き方って今すごく多様化してるし、

フリーターとかを一概に否定するとか人間としてどうなの?とか上司に対して思ったりもしたけど、でも確かにそこまでリスクについて真面目に考えてなかった自分も少し反省。

 

まあでも、実際反省して何したかって言われたらとりあえず勉強して、英語のスキルを身につけないとな〜と思ったくらいで、特に何もしてない。笑

 

これだから成長しないのだろうとも思うが、

私は褒められて伸びるタイプだと思ってるし(ゆとりなのかな?わら)

とりあえず自分の意見だけを押し付けてくる大人というか否定から始まる人が好きじゃないので、やっぱり早く仕事辞めて正解だったと思いつつも、

 

その上司以外の人はみんなすごく前向きな言葉をたくさんくださって、

あー仕事辞めたくないなと少し感じながらも、

休日出勤とかあたりまえだったし、労働時間長いしで、

 

やったー自由だあああああと思う自分もいた。笑

 

でも大好きなみんなに、いつか絶対、いや20代のうちに絶対恩返しします!

 

それまで、もう少しだけ待っててください。

 

そしてその冷たい悪口やん!みたいなこと言ってくださった上司も、

東京に来て、お父さんのように面倒見てくれて、私を育てようとしてくれて、

そりゃいきなり辞めるとか言ったら普通怒るよね。

 

私はまだ子どもだから、感謝はしてるけど、やっぱりワーホリ行ったからダメになった

って言われたくないし、絶対に見返してやるって思ってる!

 

とりあえず話が矛盾しすぎてわけわかんないけど、

 

いつかまた、私がその上司を超えるくらいになって再会して、

その上司の知り合いの中で初めてのワーホリ行って成功した人になる!

 

 

という野望を持ってイギリスへ旅立とうと思ってる次第でございます。

 

 

やっぱり私は文章書くとか、話すと必ず話が脱線というかよく分からない方向に行きがち。わら

 

気をつけて書こう。